投稿 2022.9.17

飯窪にベアハッグ。
ア〜パ〜された小田

加入当時ハグを拒否されたのは、
飯窪春菜と石田亜佑美

飯窪春菜にベアハッグする小田さくら。絵・イラスト

2012年秋、研修生から単独加入の11期・13才の小田さくら。メンバーと仲良くなろうと手当り次第のハグ攻撃。

ところが、ハグ慣れしてない飯窪春菜に「いきなり何すんじゃぁ、ごらぁ〜」と拒否られます。

無言でいきなりベアハッグを決めるオダーノ・サンマルチノ。ヤバイと感じたハルナント・馬場、咄嗟の脳天唐竹割りからたけわり

ア〜〜パァ〜!

ペルケ?何で?

すかさず、ベアハッグ! ア〜〜パァ〜!

…みたいな攻防が有ったかどうか分かりませんが、小田は「あっ、すみません」と素直に謝ります。

必殺技ベアハッグの世界王者ブルーノ・サンマルチノと小田さくらの共通点。
▲こちら、必殺技ベアハッグのブルーノ・サンマルチノ。

人間発電所と呼ばれた大昔のプロレスラー、胸囲140cm。しかし小田さくらは加入時140cmを超えていました…身長…ですけど。

でもでも、「み〜んなハグしたい!」と言う気持ちは一緒な二人。はぁ〜?


小田さくら『加入当時ハグを拒否されたのは飯窪春菜と石田亜佑美w』
2017/04/10

ブルーノ・サンマルチノが誠実な男で、「好きっ!ってなった…」ジャイアント・馬場。

最初は小田が苦手だった飯窪。でも、ジャイアント・馬場はブルーノ・サンマルチノは誠実な男で、最初っから「好きっ!ってなった…」って言ってましたね。言ってたそうです

当時のリーダーさゆも「小田ちゃんはちょっと変わってる」と言ってました。何ならつんくさんも。

私も、そ〜思います。

 

新規ページボタン 目次ページボタン