投稿 2020-10-4

今夜も女将を慕って、
居酒屋『さゆべぇ』

千葉県のとある駅の裏通り。
今夜も傷を癒す会社員が集う。

高木紗友希の居酒屋『さゆべぇ』のイラスト・絵

天真爛漫な女将(おかみ)さんが、家庭的な料理とやさしい心で迎えてくれる居酒屋『さゆべぇ』。

女将の人柄に引かれて、よその猫までやって来ます。その名も『酔』。口癖は「ゆは、手玉…」。

「女将さんが居なかったら、今の私はありません!」と言う巻野さんまりあホント。「給食を断たれ、女将さんのお料理がないと、今の巻野生きていけません!」コロナでモー娘のケータリングも無く、まりあにはホントに補給路が無い…これ以上は突っ込めない!察して

高木紗友希の料理/ジャージャーご飯・ポトフ

そんな巻野さんも、ジャージャーご飯と特製ポトフをむせび泣きながら召し上がって帰っちゃいまりあ。大食…

居酒屋『さゆべぇ』。高木紗友希・宮本佳林・山岸理子のイラスト・絵。

おっと、常連の宮木さんと川岸さんが、今夜も立ち寄っていますね。出来上がり気味の宮木さんと、ちょっぴり憂鬱な表情の川岸さん。

宮木「時代は全粒…じゃなくて、DIYだから。Do it 何だっけ?DIYしないと会社は面倒見てくんないよ」

川岸「そんなモンですかねぇ〜」

宮木「あ〜何だっけ?ソロ…すーさん良いなぁ。ん、何か言った?」

女将「何も言ってませんよ、誰も」

高木紗友希の料理/じゃこねぎ豆腐・手羽元ポン酢

宮木「んあ〜、川岸さんとこの部署うまくいってるの?」

川岸「ギリ、何とか!」

宮木「あれ、タケちゃんにメールしたっけ?んふふ…タケちゃん。ん、何か言った?」

女将「何も言ってませんよ、誰も」

川岸「宮木さん!頭ん中、変な虫が入ってるんですか?いま!」

女将「あの、川岸さん…」

高木紗友希の料理/生姜のさっぱりスープ・鯛

十年ひと昔前ならねぇ。私もハロプロで…

雑誌『月刊デ☆ビュー』募集ページなんかを見ちゃたりして、ハロプロエッグにでも入って、自分の歌唱力がどれくらいか試して。

三年後くらいに新結成のユニットにでも入っちゃったりしたら、小学生の頃から尊敬してたモー娘の田中れいなさんなんかとラジオで共演とか有ったかなぁ?

「田中さんは、私にはない強さと、優しさがあって…」れいなはヤンキーなもんで強くて怖いよ。でも、恥ずかしくてまともにお顔を見れないだろうなぁ。で、一緒に行ったあざといメンバーの方ばかりあざとく見ちゃったり…。

バカな妄想なんかしてる暇があったら、明日の仕入れの準備をしないと…。はぁ〜。


#20 LoVendoяのらぶおん!ゲスト:宮崎由加&高木紗友希
お急ぎの方は、2:40辺りから。

何となく載せとくね。
宮崎由加(18歳)石川県 ゆかにゃ
金澤朋子(17歳)埼玉県 かなとも
高木紗友希(15歳)千葉県 さゆべぇ
宮本佳林(14歳)千葉県 カリン
植村あかり(14歳)大阪府 あーりー、うえむー

このページのお料理は全て、高木紗友希ブログから収集した物です。何かね素晴らしい腕前。でね、私なんかが言うのもアレだけど、その写真がまた凄い、上手い。手練(てだれ)!怖い!!

宮木さんと川岸…あ、いや…。宮本佳林・山岸理子さんは千葉県出身です、因みに。

 

新規ページボタン 目次ページボタン